10/23大阪シンポジウムのアーカイブはこちら

10/23大阪シンポジウムのアーカイブはこちら

週刊ラジオ「表現者」

KBS京都ラジオ[AM 1143kHz]毎週月曜夜9:30

最新の「週刊クライテリオン」をスグにお聞きいただくために、
ぜひ下記のリンクからYouTube「チャンネル登録」をお願い致します。
https://www.youtube.com/channel/UC9GNcWzLq0k7io20AHjN4qQ

  • 日本の大学は今、緊縮と改革で滅びつつある。

    2018.10.29

    今週のテーマは『日本の大学は今、緊縮と改革で滅びつつある。』。
    最新の『表現者クライテリオン』では、京都大学総長で国立大学協会会長・日本学術会議会長でもある山極寿一教授へのインタビューを行い、この30年ほど文部科学省が進めてきた「大学改革」がいかに日本の研究能力を奪っているかを論じている。
    この間行われてきた大学改革は、①予算を削る、②予算獲得のために激しい「競争」をさせる、③「流行りの研究」に大きな予算をつけるというもの。これはまさに「新自由主義」的発想で、これでは長い時間をかけて真実を追求する本物の研究は行えない。
    このインタビューの直後、京都大学名誉教授の本庶佑氏がノーベル賞を受賞された。本庶氏が強調していたのもまさに、「予算削減と競争の下では立派な研究は生まれない」ということだった。
    本庶氏の研究は医学界の主流から外れていて、長らく見向きもされなかった。それでもノーベル賞級の成果を生むまで研究を継続できたのは、それを許す鷹揚で、寛容で、真に自由な学風、言わば「旧自由主義」だったのだ。
    学問の世界に競争は向かない。何が真実であるかは簡単には分からないからだ。短い視野で競争をさせたり、ましてや流行りの研究を追いかけたりする「新自由主義」の下では、画期的な進歩は生まれないのである。

    ダイナマイトに火をつけろ by ボガンボス

  • ネオリベ国家ニッポン ~新自由主義で日本がダメになる~

    2018.10.23

    今週のテーマは『ネオリベ国家ニッポン ~新自由主義で日本がダメになる~』。
    「自由主義」と聞けば多くの人は肯定的なイメージを持つであろうし、「新」まで付けばなおさらだ。しかしそれはとんでもない大間違いで、それはほとんど諸悪の根源とでも呼ぶべきものだ。
    欧米では80年代のサッチャー首相、レーガン大統領が推進したことで有名だが、日本ではたとえば小泉純一郎首相の構造改革がそれに当たるし、最近ではその子息である小泉進次郎議員も「農協を改革して競争を強めるべき」など新自由主義的政策を強く主張している。
    新自由主義者の方針は大きく4つある。①何でも民営化すべし、②規制は緩和すべし、③貿易は自由化すべし、④法人税は減税すべし。
    市場というのはカール・ポランニーが「悪魔の挽臼」と呼んだように、競争を通じて社会を疲弊させる。しかも、たとえば法人税は減税した分が消費税で埋め合わせられるわけで、要するに庶民は企業の負担の肩代わりをさせられるのだ。
    永田町も霞が関も、みな新自由主義が大好きで、反対の声を聞くことは殆どない。このひどい有様を国民は知るべきで、そのため『表現者クライテリオン』ではこのたび「ネオリベ国家ニッポン」という特集を組んだ。

    お気に召すまま any way you want it by ジャーニー

  • 不当なハラスメントもあれば、不当なハラスメント「告発」もある!

    2018.10.15

    今週のテーマは『不当なハラスメントもあれば、不当なハラスメント「告発」もある!』。

    今年に入ってから、様々な「ハラスメント」事件が世間を騒がせている。日大アメフト部のタックル問題、ボクシング協会の山根会長への大規模な抗議、体操の宮川選手への暴力沙汰、LGBTの人たちへの「生産性が低い」発言など、話題が尽きることがない。

    もちろん世の中には、立場の上下関係を利用した不当なハラスメントが溢れている。しかし一方で、宮川選手へのケースがそうであったように、ハラスメント「告発」の方が不当であるとされることもある。今の世の中はむしろ、「ハラスメント」告発が安易に行われることで、師弟関係や男女関係が息苦しいものになっているのではないか。

    受けたハラスメントへの対処法は、「告発」のみではない。我慢すればいいというものではないが、例えば「徹底して戦う」という道もあるはずだ。

    そうは言っても、ハラスメント告発がともすれば乱発される今の世の中では、告発されるかも知れない立場の者には、「告発を受けたらいつでも辞職する」という覚悟が求められるであろう。その覚悟さえあれば、ハラスメント告発を過度に恐れることもなく、真剣な師弟関係を追求することも可能になるのである。

    youth by 竹原ピストル

  • 憲法九条改正ってなんだ?

    2018.10.08

    今週のテーマは『憲法九条改正ってなんだ?』です。
    あっさり言えば、「平和憲法」は戦勝国であるアメリカが日本に押し付けたもので、日本が二度とアメリカにとっての脅威とならないよう、牙を抜くのが目的であった。しかしそればかりではなく、平和憲法とセットで「日米安保」も受け入れることになったことも重要だ。
    これによって日本は、自前の戦力を持つことを許されず、アメリカに「守ってもらう」ことになった。50年代、60年代にはこれに反対する学生運動も起きていたものの、その後はすっかり「守ってもらう」のが当たり前に。
    しかし、軍事基地を建設して占領しながら「お前を守ってやっている」と言うアメリカの保護に満足しているというのは、主権国家の国民として自然な姿ではない。ブルーハーツがかつて歌ったように、「豚の安心を買うより 狼の不安を背負う」べきで、そうしなければ真の安全を得ることもできないだろう。

    俺は俺の死を死にたい by ブルーハーツ

  • グローバリズムへの「防衛戦争」が始まった!

    2018.10.01

    今週のテーマは『グローバリズムへの「防衛戦争」が始まった!』。
    グローバリズムとは、「国境にこだわる時代ではなくなった」として、貿易や移民の拡大を奨励するものである。しかし今、このグローバリズムへとの戦いが各国で始まっている。アメリカのトランプ大統領がメキシコ移民の規制強化を主張し、ヨーロッパで反EUの機運が高まりつつあることがその典型だ。
    じつはこの事態は、100年ほど前に経済人類学者のカール・ポランニーを予言したことであった。市場というものは「社会に埋め込まれる」ことで初めて正常に機能するものだが、グローバリズムとは市場が国境を超えて社会を飲み込んでいくような現象だ。「カネ」が全ての世の中になり、人間らしい生活は失われ、人々はフラストレーションを溜める。それはいつか爆発し「大転換」を引き起こす。
    19世紀から20世紀初頭にかけては、共産主義やナチズムの台頭、そして二度にわたる世界大戦が「大転換」であった。そして今また、その大転換が始まろうとしている。

    Smells Like Teen Spirit by ニルヴァーナ

  • 災害大国ニッポン、今やもう「後進国」

    2018.09.24

    今週のテーマは「災害大国ニッポン、今やもう『後進国』」。 六月の大阪北部地震、七月の西日本豪雨、九月に入ってからの台風21号と北海道地震と災害が続いて明らかになったのは、日本は「災害大国」であると同時に「防災後進国」と化しつつあるということだ。
    関西空港の水没も、北海道の大規模停電も、防災の専門家が以前からその危険性を指摘していたシナリオの一つであり、想定どおりの対策をしてさえ入ればあのような惨事にはならなかった。しかし例えば関西空港については民営であることなどがネックとなり、十分な対策が施されていなかったのである。
    起きると分かっていて、しかも十分に防止することができる被害を防止できないのであるから、「防災後進国」と言われても仕方ないであろう。

    台風ドライブ by 村田和人

  • 「身の丈のべき論」から始める保守思想――「戦後」を考える(ゲスト:浜崎洋介)

    2018.09.17

     今週のテーマは「『身の丈のべき論』から始める保守思想――『戦後』を考える」。
     戦前の日本では、賛否はともかくとして「尊王攘夷」「大東亜共栄圏」といった「べき論」が社会に緊張感を与えていた。ところが敗戦後の日本人は、「べき論」をアメリカに預けて自ら語ることをやめてしまい、少しも緊張感のない社会を作り上げてしまった。
     文学においても、戦後すぐに登場し「第三の新人」として耳目を集めた作家たちが、この社会の緩みを象徴している。文学界においては高く評価されているのだが、『表現者クライテリオン』の座談会で取り上げて論じてみたところ、散々な評価を下さざるを得なかった。
     戦前の日本には、大東亜共栄圏という大きな「べき論」があった。これが身の丈に合わないものであったならば見直しはされて然るべきだが、戦後日本人が全く「べき論」を持たなくなってしまったのは明らかに堕落である。第三の新人が描いた、たとえば恋愛のような「目の前のべき論」をさえ引き受けることができない日本人に、まともな社会や国家を築き上げることなどできるわけがない。

    ゲスト:浜崎洋介

    機嫌なおしておくれよ by 奇妙礼太朗トラベルスイング楽団

  • 近代日本の「宿命」から考える保守思想――「戦前」を考える(ゲスト:浜崎洋介)

    2018.09.10

    今週のテーマは「近代日本の『宿命』から考える保守思想――『戦前』を考える」です。黒船襲来からはじまる欧米列強からの日本への侵攻がはじめられる。その後、「100年」に渡る日本の防衛戦争は、かの大東亜戦争/太平洋戦争の敗北で幕を閉じる。そして、占領国「文字」が全て書き換えられてしまう程に、社会が凄まじく作り替えられてしまう―――この「哀しくてやりきれない」真実を、認識せずして、戦後日本の再生はあり得ない。そんな話を、文芸批評家で、表現者クライテリオン編集委員の浜崎洋介氏をゲストにお迎えして、お伺いします。

    ゲスト:浜崎洋介

    悲しくてやりきれない by コトリンゴ

  • 「沖縄」からはじまる、日本の復活! Part2

    2018.09.03

    今週のテーマは「『沖縄』からはじまる、日本の復活! Part2」です。

    涙そうそう by 夏川りみ

  • 「沖縄」からはじまる、日本の復活!

    2018.08.27

    今週のテーマは「『沖縄」からはじまる、日本の復活!』です。

    恋しくて by Begin

  • ポピュリズムが暴走すると、ホントに怖い

    2018.08.21

    今週のテーマは「ポピュリズムが暴走すると、ホントに怖い」です。
    欧米の「労働者のためのポピュリズム」とは違って、日本国内では単なる「人気取り」に過ぎないポピュリズムが頻繁に生じている。にもかかわらず日本のマスコミは、海外のポピュリズムを批判しながら、国内のポピュリズムは歓迎するのが常となっている。
    最近の例で分かりやすいのは東京都の「小池百合子」現象。豊洲市場移転にわけの分からない理由で反対し、メディアもこれを歓迎して大人気を得たかと思いきや、国政選挙では大敗するというふうに、節操なく暴走するのが日本のポピュリズムである。
    「バッシング」により「炎上」を焚き付けて衆目を集めるのが、最近の日本の政治家の悪しきセオリーとなっているが、庶民は政治家の炎上商法に騙されてはならない。

    アナーキー・イン・ザ・U.K. by Sex pistols

  • 日本には今、「ポピュリズム肯定論」が必要です!

    2018.08.14

    今週のテーマは「日本には今、『ポピュリズム肯定論』が必要です!」
    「ポピュリズム」は日本では「大衆迎合主義」と訳されていて、大衆の人気取りに専心する政治家への侮蔑語となっている。しかしその元来の意味は「ピープル」つまり「人々」のための政治を行うということであって、それが悪いことであるはずはない。
    いま欧米で台頭しているポピュリズムは、エリート政治家やビジネスマンが推進してきた「グローバル化」のせいで仕事を失った労働者が、怒りの声を挙げるという現象である。エリートたちが労働者に不利益と不自由を押し付けて、自分たちは大きな利益と自由を手にしている今のような世界では、「ポピュリズム」こそが肯定されるべきなのだ。

    夏祭り by ジッタリンジン

メルマガ最新記事