週刊ラジオ「表現者」

巨大地震で、最貧国に転落する日本

今週のテーマは「巨大地震で、最貧国に転落する日本」です。

ラジオの音声ファイル(mp4)をダウンロードする

今週の一曲

呼べよ風、吹けよ嵐 by ピンクフロイド

哲学的とも言える前衛的な楽曲で70年代に世界の音楽シーンの帝王の座についた、プログレッシブロックバンド、ピンクフロイドの代表曲の一つ。ピンクフロイドで最大のヒットアルバムは、マイケルジャクソンの「スリラー」に次ぐ歴代第二位の記録を打ち立てた「狂気」だが、この原題「One of these days」は1971年リリースの『おせっかい』に収められている。これはインスツゥルメンタル曲だが、まさに「嵐」が猛威をふるい始める直前に「One of these days, I’m going to cut you into little pieces!」(その内、お前を細切れに切り刻んでやる!)という、地獄から響き渡るような声で叫ぶ「超巨大地震」の様な破局が、「これからの何日かの内の一日おこるんだ」ということを不気味に暗示する曲だ。日本では、日本中のプロレスファンを恐怖のどん底に突き落とした希代の悪役プロレスラー、アブドーラザブッチャーの入場テーマ曲としてよく知られた一曲だ。

執筆者 : 

TAG : 

CATEGORY : 

啓文社書房/株式会社啓文社

本社
〒133-0056 
東京都江戸川区南小岩6-10-5 
グリーンハイツ1階
TEL
03-6458-0849
出版事業部
03-6709-8872