週刊ラジオ「表現者」

「大事なこと」を忘れてしまった戦後日本人(ゲスト:川端祐一郎)

今週のテーマは「『大事なこと』を忘れてしまった戦後日本人」。ゲストは『表現者クライテリオン』編集委員の川端祐一郎です。毎年この季節になると戦争の話題が多くなりますが、あの戦争が素晴らしかったとか愚かだったとかいう論争の前に、兵士たちの戦いの壮烈さ、非戦闘員の犠牲の悲惨さ、そして敗戦の悔しさといったものを「記憶にとどめておくこと」こそが大事なのではないでしょうか。

ゲスト:川端祐一郎

ラジオの音声ファイル(mp4)をダウンロードする

今週の一曲

リンゴの唄 by 並木路子&霧島昇

戦後すぐの時期のヒット曲で、敗戦の悲しみから立ち上がって復興に向かう前向きな気持ちを歌った曲として記憶されていますが、歌い手の並木路子は複雑な思いを背負っていました。父も兄も恋人も戦士し、母も東京大空襲で犠牲に。そんな絶望の中で、上野駅前で出会った戦争孤児たちを励ますためにと自らを奮い立たせて歌ったのがこの曲だったのでした。

執筆者 : 

TAG : 

CATEGORY : 

啓文社書房/株式会社啓文社

本社
〒160-0022 
東京都新宿区新宿1-29-14 
パレドール新宿202
TEL
03-6709-8872
FAX
03-6709-8873