new 信州・松本シンポジウム開催決定

表現者クライテリオン2020年7月号 6月16日発売

2020年7月号(通巻91号) 6月16日(火)発売

特集

「コロナ」が導く大転換

感染症の文明論

座談会

ロックでコロナをぶっ飛ばせ

  • 世良公則(ロックミュージシャン・ボーカリスト・俳優)
  • 藤井聡(京都大学大学院教授、クライテリオン編集長)
目次

【特別対談・寄稿】
ロックでコロナをぶっ飛ばせ!/世良公則×藤井 聡
養老孟司、常識を語る 番外編 グローバリズムについて コロナ禍を考えるために/養老孟司

【特集】「コロナ」が導く大転換 感染症の文明論
コロナ騒動の真相は何か 日本の無思想を問う/藤井 聡×柴山桂太×浜崎洋介×川端祐一郎
日本人よ、「コロナ」がそんなに恐いのか/小林よしのり×藤井 聡
「医療観の大転換」は可能か? 医療の現場からみた新型コロナパニック/森田洋之
[提案]国民被害の最小化を企図したコロナ禍対策/藤井 聡
共生のパートナーとしてのウイルス/武村政春
「自粛論」の進め方についての疑問 人間不在のコロナ騒動/浜崎洋介
ウイルス学の常識があれば、新型コロナは怖くない 「一/一〇〇作戦」こそ防疫の要諦/宮沢孝幸
危機に備えた医療体制整備と有事対応/村上正泰
失業者急増の緊急事態を直視せよ コロナ禍で政治が一歩でも方向性を間違うと、二〇万八四〇〇人が自殺する社会となる/鈴木傾城
「遅すぎる、少なすぎる」日本のコロナ経済支援を問う 諸外国との対比から/六辻彰二
コロナ禍で変わる世界秩序/川上高司
新型コロナ危機の下でも堂々と進められる「ショック・ドクトリン」 九月入学導入は我が国の初等・中等教育に混乱と破壊しかもたらさない/室伏謙一
英国でパンデミックを経験して 「ファーガソン・レポート」の感染症対策における含意/白川俊介
日系人の強制収容体験とコロナ禍の日本/仁平千香子
パンデミックは愛の行為/佐藤健志
パンデミックと「現代文明における死」/藤本龍児

【連載】
「危機感のない日本」の危機 強制が出来ない国の危機/大石久和
アベノミクスの失敗 第3回 財政赤字への誤解がもたらす政策の迷走/島倉 原
国際政治学のパラダイム 第2回 民主主義による平和/伊藤 貫
農は国の本なり 第13回 世界的な同時食料危機の連鎖に備えよ/柴田明夫
虚構と言語 戦後日本文学のアルケオロジー 第十一回 大衆社会の正体 古井由吉「先導獣の話」
/富岡幸一郎
地形がつくる日本の歴史 第十三回 新型コロナウィルス特別編 日本人の命の謎/竹村公太郎
ナショナリズム再考 第5回 コロナ禍で浮き彫りになる「国民国家」の規範的重要性/白川俊介
逆張りのメディア論13 コロナとメディア マスコミの論調が一色になったら要注意/松林 薫
メディア出演瓦版/平坂純一
だからこの世は宇宙のジョーク 日本に過剰自粛は存在しない/佐藤健志

【書評】
『大衆の反逆』オルテガ・イ・ガセット 著/田中孝太郎
『悪について』エーリッヒ・フロム 著/篠崎奏平
『サル化する世界』内田樹 著/薄井大澄

【その他】
「単に死んでいないだけの人々」に送る/「マス・コミ」の時代は終わらない(鳥兜)
グローバリズムへの抵抗と、権威主義国家への抵抗と(保守放談)
読者からの手紙(投稿)

【巻頭言】
 1月に中国武漢で初めての感染者が報告された新型コロナウイルスはわずか数か月で瞬く間に世界に蔓延、6月現在、数百万人の感染者、数十万人の死者に至った。世界中の都市が閉鎖され、我が国でも接触8割減が要請され、結果、経済は激しく低迷、世界大恐慌必至となった。こうした激変は昨晩、世界的な食料危機や各国の全体主義の暴走、そして「第三次世界大戦」に準ずるような地域的な紛争の世界的な頻発に結び付きかねぬ状況に至った。こうした今日的状況は世界史的見地から見れば文字通りの「世界的事件」だ。ついては本誌では、「『コロナ』が導く大転換ーー感染症の文明論」と題して、今日の「パンデミック」に端を発する国家的、世界的な大混乱を、疫学的視点から文明的視点に至るまで、執筆者各位に様々な角度から自由闊達に議論いただきた。読者各位には是非、コロナにまつわる表層的報道、言説が繰り返される今日的状況の中で、本誌が提供する多面的コロナ論を堪能いただきたい。
表現者クライテリオン編集長 藤井聡

以下のリンク先で購入できます

メルマガ最新記事