表現者クライテリオン定期購読お申し込み10%OFF 送料無料

【新着動画】音楽評論家と文芸評論家が語る「明治の思想と文学」

啓文社(編集用)

啓文社(編集用)

皆さんこんにちは。
表現者クライテリオン事務局です。

表現者クライテリオン公式YouTubeに新着動画が公開されました!

今回の動画は「表現者クライテリオン」特別対談! 
テーマは『音楽評論家と文芸評論家が語る「明治の思想と文学」』です。

今回公開されているのは「表現者クライテリオン」特別対談『音楽評論家と文芸評論家が語る「明治の思想と文学」』よりpart1といたしまして『明治時代の「思想と文学」』の対談部分です。

対談していただいたのは、
音楽評論家、思想史家の 杉原志啓(すぎはら・ゆきひろ)先生と
雑誌『表現者クライテリオン』顧問で文芸評論家の 富岡幸一郎先生のお二人。

明治の政治や文学、明治人の思想について語っていただきました。
是非ご視聴ください。

【プロフィール】
杉原志啓(すぎはら・ゆきひろ) 1951年生まれ。音楽評論家、思想史家。学習院大学大学院政治学研究科博士課程修了。博士(政治学)。大学では坂本多加雄氏に師事。著書に『波瀾万丈の明治小説』(論創社)、『音楽の記憶―ポップ・ミュージックと本の青春』(アーツアンドクラフト)などがある。

富岡幸一郎(とみおか・こういちろう) 1957年生まれ。文芸評論家。雑誌『表現者クライテリオン』顧問、関東学院大学国際文化学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。中央大学文学部仏文科卒業。『意識の暗室—埴谷雄高と三島由紀夫』で第22回群像新人文学賞評論部門優秀作を受賞。著書に『石原慎太郎の時の時—「戦後」への最後の反逆者』(ビジネス社)、『新大東亜戦争肯定論』(飛鳥新社)などがある。

 

ご視聴はこちらから↓↓↓
https://youtu.be/iWJMpTq-CTA

執筆者 : 

CATEGORY : 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


メールマガジンに登録する(無料)