表現者クライテリオン 2019年3月号(2月16日発売)

改題第5号(通巻83号) 2019年2月16日発売

特集

平成デフレーション――いま終わる、昨日までの閉塞時代

(第2特集:移民政策で日本はさらに衰退する)

目次

〔特集1〕平成デフレーション――いま終わる、昨日までの閉塞時代

  • 暴走するリベラリズム、破壊された平成日本――本物のナショナリズムを復権する新時代の闘争へ/小林よしのり・藤井聡(対談)
  • 平成文化論――「言葉の耐えられない軽さ」を見つめて/與那覇潤・浜崎洋介(対談)
  • 改革狂の時代――平成を振りかえる/佐伯啓思
  • 思想のデフレーションの時代としての「平成」/仲正昌樹
  • オタクとサブカルの三十年史/中森明夫
  • 取り返しがつかなくなってから騒ぐ人たち/適菜収
  • ナショナリズム不在の平成/黒宮一太
  • 平成とボヘミアン・ラプソディ/佐藤健志
  • 我が育て親、平成の相貌/礒邊精僊

〔特集2〕移民政策で日本はさらに衰退する

  • 移民政策で日本はさらに衰退する/施光恒・黒宮一太・柴山桂太・川端祐一郎(座談会)
  • No nation, No border――暴走するドイツ移民政策とメルケル首相の功罪/川口マーン惠美
  • 改正入管法に係る政策的課題と施行に向けて政府がなすべきこと――「亡国の移民政策」にしないための処方箋/室伏謙一

〔連載〕

  • 思想としての防災(2)/大石久和
  • 時が場所をつくる条件(3)/松原隆一郎
  • 日米通商協定交渉(FTA交渉)が破壊しようとするもの――農業にとどまらない国民生活上の重大問題/磯田宏
  • 対米従属文学論:戦後的ニヒリズムへの「監禁」――大江健三郎「後退的青年研究所」「セヴンティーン」について/編集部(座談会)
  • 高橋源一郎『今夜はひとりぼっちかい? 日本文学盛衰史・戦後文学篇』から/富岡幸一郎
  • ビスマルクの武断主義と避戦外交 Part1/伊藤貫
  • 官僚制化する世界/柴山桂太
  • 大衆化を加速する、地方へのインフラ投資不足/藤井聡
  • 小林秀雄と「批評」の誕生②/浜崎洋介
  • 軽んじられる「孤独」の価値――グループ討議は創造性を高めない/川端祐一郎
  • 実践史学批判/佐藤一進
  • 北海道開拓という「人道に対する罪」/古川雄嗣
  • 危機の時代、記者は暗号で語る/松林 薫
  • 平清盛を継いだ頼朝――なぜ、頼朝は辺境の地・鎌倉に?/竹村公太郎
  • 「人手不足」を解消したければ、積極財政でデフレを脱却せよ/島倉 原
  • 2019年は『大英雄』の時代だ!/佐藤健志
  • 王政復古、七月王政、二月革命――フランス正史の暗渠/平坂純一
  • 何処でもない街――ポール・オースター「ニューヨーク三部作」(上)/鈴木ふさ子


〔書評〕

  • ダグラス・マレー著『西洋の自死――移民・アイデンティティ・イスラム』/折田唯
  • ジル・ドゥルーズ著『基礎づけるとは何か』/篠崎奏平

〔投稿等〕

  • 平成30年度「表現者賞」発表――受賞作品:磯邉精僊「日本に軍隊は存在し得るか」
  • 読者からの手紙

以下のリンク先で購入できます

メルマガ最新記事

啓文社書房/株式会社啓文社

本社
〒160-0022 
東京都新宿区新宿1-29-14 
パレドール新宿202
TEL
03-6709-8872
FAX
03-6709-8873