10/23大阪シンポジウムのアーカイブはこちら

10/23大阪シンポジウムのアーカイブはこちら

『表現者クライテリオン』メールマガジン

【書評】『私の人間論福田恆存 覚書』 そもそも人間はなぜ生きるのか

クライテリオン,言語,日本文化

From 薄井大澄 

福田恆存 著 『私の人間論福田恆存 覚書』 ビジネス社/2020年11月刊 の書評です。

書評者:薄井大澄

『私の人間論福田恆存 覚書』の購入はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 これは別の本の中でのエピソードだが、ある講演で、一人の学生に福田恆存はこう問われた。
「人々はよく幸福を得ることが人生の目的であると言うが、幸福を得るために人生を生きていくのなら、人間は生きていなくてもそう変わりはないのではないか。そもそも人間はなぜ生きるのか。」
福田はこう答えた。
「確かに人間などいなくてもいい。原爆や水爆で一ぺんに地球が吹っ飛んでも別になんということはない。それはわかり切ったことだ。ただ、わたしたちは生きていたいのでしょう。何かのために生きているのではなく、なにものか、生命、自然の力に押されてただ生きている。幸福とはそんな自然に支えられて生きているという実感、生き甲斐から生まれてくる言葉である」と。

 誰一人として生まれる前から自分は生まれたいから生まれてきた者などいない。
日本人として日本語、日本の文化のもとで生きたいから生まれてきた者などいない。
なぜ生きるのか。他者、家族、国家、歴史、神、そもそも自分自身でさえ、いや、自分自身こそ、最も疑わしい。
所詮すべては幻想ではないか。福田もまたそれらが「フィクション」であることを否定しない。
しかし、その「フィクション」は「虛像」ではないし、森鷗外の言う「かのように」でもない。それは「事実」であり、「実在」である。(続く)

 

(『表現者クライテリオン』2021年3月号より)

全編は『表現者クライテリオン』2021年3月号で読めます。

続きが気になった方はぜひ以下から本誌を購入してみてください!

『表現者クライテリオン』2020年3月号
「抗中論 超大国へのレジスタンス」
https://the-criterion.jp/backnumber/95_202103/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガのバックナンバーはこちらで閲覧頂けます。
https://the-criterion.jp/category/mail-magazine/

雑誌『表現者クライテリオン』の定期購読はこちらから。
https://the-criterion.jp/subscription/

Twitter公式アカウントはこちらです。フォローお願いします。
https://twitter.com/h_criterion

その他『表現者クライテリオン』関連の情報は、下記サイトにて。
https://the-criterion.jp

ご感想&質問&お問合せ(『表現者クライテリオン』編集部)
info@the-criterion.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

執筆者 : 

TAG : 

CATEGORY : 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
誹謗中傷や公序良俗に反する投稿は、編集部の判断で削除させて頂くことがございます。
(ご不明な点は、編集部あてにメールにてお問い合わせください。)
* の項目は必須項目となります。