『表現者criterion』メールマガジン

【藤井聡】「クライテリオン編集長日記」を毎週発刊いたします!

From 藤井 聡(表現者クライテリオン編集長・京都大学教授) 

こんにちは、表現者クライテリオン編集長、
京都大学大学院の藤井聡です。

表現者クライテリオンが「創刊」されて、
一年半が経過しました。

この間、雑誌の編集体制を一つ一つ作り上げ、
毎号毎号の雑誌編纂を継続すると同時に、
ラジオメルマガ、そして、
全国でのシンポジウム表現者塾の開講等、
様々な活動を続けて参りました。

そして今は、新しい試みとして、
「表現者大学」(仮称)
をヴァーチャルなネット空間内で構想し、
当方らが大学で提供している授業に準ずる内容を、
実際の大学の教科書も使いながら、
さらに濃密に提供していく構想を検討しています。

その構想が実現する段階となりましたら、
また改めてご案内差し上げたいと思います。

こうした試みは、様々なアプローチを通して、
我々執筆者・編集者と、読者の皆様との間にある、
様々な「乖離」を、少しでも埋めていこう、というもの。

そしてそれを通して、日本国家全体が、
「危機と対峙」する力を取り戻すことを支援したい、
という事が、「危機と対峙する保守思想誌」である
表現者クライテリオンの基本的な願いです。

・・・さて、そうした言論活動の一環として、
筆者は、クライテリオン誌の一番最後あたりに、毎回、
「編集長クライテリア日記」なるものを掲載しています。

お読みいただいている方はよくご存じだと思いますが、
海外に行って欧州人のティーンの立派さに舌を巻いただの、
磯釣りに行って死にかけただの、
ケルトンさんお呼びするのにエラク苦労しただの、
・・・を散文的に記述し
その背後にある思想的、実践的な問題を、
何となく浮かび上がらせる―――というコーナーです。

ガッツリとした論考や座談はもちろん不可欠ですが、
こうした散文の方が、
逆に伝わり安いということも、時にあるかも―――
という事で、
雑誌末尾に「こっそり」掲載している、と言う次第です。

ただ、二か月もあれば、毎日毎日、
あれやこれやといろんなことがあります。

大学や学会の話、
政府や行政の話、
TVやラジオの現場の話、
映画や小説や本、そして、
プライベートなあれやこれやの話等々-――
雑誌の「2ページ」だけでは書ききれない大量の事柄が
右から左へと流れ去っていきます。

そうした事柄を少しでも書き留めておこう―――
ということでこの度、

「藤井聡・クライテリオン編集長日記
~日常風景から語る政治・経済・社会・文化論~」

https://foomii.com/00178/

を始めることとしました。

そのメルマガの趣旨の詳細は、
https://foomii.com/00178/
のサンプル頁をご覧いただければと思いますが、

要は、あまりこうした個人的な記事を、
ブログ記事的に公開するのを避けてきたのですが、
有料にて登録頂くという形にして、
読んでみたいとおっしゃって頂ける方にだけ、
「こっそり」と限定配信するのいいのでは―ーー
ということで、上記の形で配信することにした次第です。

論説や座談会、本や講義、TVやラジオ、
さらには、このメルマガでも語り切れない
日常のあれやこれやを、
公共的なパブリックな視点から「批評」(クリティーク)
して参りたいと思います。

・・・

で、先週金曜日に配信した、その第一弾が、

道後温泉をアニメでラッピング!? 
上下(かみしも)忘れた日本行政の末路。
https://foomii.com/00178/2019090611500058100

先週末に行った、千年以上の歴史と伝統を誇る
道後温泉の本館が、
何とあの手塚治虫氏の「火の鳥」でラッピングされてるのを見て、
「なんじゃこりゃ!?」となった、というお話しです。

こういう「何じゃこりゃ!?」の背景に、
今の日本が日々、衰退し続けている
本質的な原因、メカニズム

潜んでいるんじゃ無いか、
というお話しでありますが―――
ご関心の方は是非、ご購読ください。

・・・これからも「雑誌編集」を中心としながら、
ラジオやメルマガ、塾やシンポジウム等、
あれやこれやと表現、言論活動を続けていきたいと思います。

引き続き、よろしくお願いします!

追伸:「藤井聡・クライテリオン編集長日記」、ご関心の方は是非、こちらからご登録ください。
https://foomii.com/00178/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガのバックナンバーはこちらで閲覧頂けます。
https://the-criterion.jp/category/mail-magazine/

雑誌『表現者クライテリオン』の定期購読はこちらから。
https://the-criterion.jp/subscription/

その他『表現者クライテリオン』関連の情報は、下記サイトにて。
https://the-criterion.jp

ご感想&質問&お問合せ(『表現者クライテリオン』編集部)
info@the-criterion.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

執筆者 : 

TAG : 

CATEGORY : 

コメント

  1. 西村秀樹 より:

    勉強になります。
    報国、経世済民実現へ
    先生のご健勝を祈ります

  2. 学問に目覚めた中年。 より:

    先週末も藤井先生ご活躍の正義のミカタを藤井先生の味方で拝見いたしました。ですがそこで目にしたものは解説コメンテーターの大半が、あからさまに財務省の息の掛かった方々で、かなり気分が悪い思いをしました。それで益々、大見得を切り大口を叩く与党と財務省とその関係者と大阪の地域政党は嫌いになりました。なので、これからもクライテリオンに関わられる皆様を陰ながら応援出来ればと考えております。

コメントを残す

コメントは承認制とさせて頂いております。
メールアドレスが公開されることはありません。
* の項目は必須項目となります。

メルマガ最新記事

啓文社書房/株式会社啓文社

本社
〒160-0022 
東京都新宿区新宿1-29-14 
パレドール新宿7階
TEL
03-6709-8872
FAX
03-6709-8873