『表現者criterion』メールマガジン

【藤井聡】『表現者クライテリオン』への「投稿」をお待ちしています ~言論活動とその必然性~

From 藤井 聡(表現者criterion編集長・京都大学教授) 

『表現者クライテリオン』では、
読者の皆さんからの積極的な「投稿」を募集しています。
https://the-criterion.jp/about_letters/

・・・というのも、今から約15年程前、
当方が「書き手」としては、「学術論文」しか書いたことが無い時代に、
「言論活動」を始めたきっかけを与えてくれたのが、
当時の雑誌「発言者」の投稿欄だったからです。

つまり、今、当方は『表現者クライテリオン』はじめ、
様々な場所で、公的に発言する機会が増えましたが、
そのきっかけを与えてくれたのが
「発言者」の投稿欄だったわけで、
こういう場を設けておくことは、
次世代にとっても大切なのではないかと―――思ったからです。

今でもその時に掲載してもらった原稿は、
当方のホームページでご覧頂けますが・・・
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/wp-content/uploads/2013/09/inutsu.pdf

今、ざっと読み返してみても、
不思議なもので、一文一文、
「そうそう、こういう文章かいたよなぁ」
とはっきりと思い出すことが出来ます。

それだけ「一文一文、一生懸命書いた」からなのだと思いますが、
なぜ、そんなに「一生懸命書いた」のかと言えば、
それが喫茶店や居酒屋での冗談話ではなく、
「雑誌」という「公器」に掲載され、
活字という形で半永久的に残りうるものとなるから――です。

万一、そこで、間違った事を書けば、
「恥」が半永久的に公衆に「曝され続ける」
ことになります。

そうなれば、当方は人前でもう二度と、
偉そうに自説を開陳するなんてことは、
出来なくなるでしょう。

だから言論というものは、本来、
「(言論人としての)生命」を賭した命がけの行為―――
なわけです。

・・・というような事を、
当時の「寄稿」を通して初めて学んだわけです。

さて、当時の原稿を読み返して思い起こしましたが、
当時の当方の「気分」は、次のようなものでした。

―――そもそも、筆者は当時、
職場にいってもテレビを見ても映画を見ても、
「大人の世界」はウソとゴマカシが実に多く
何とおぞましいものかと日々、感じ続けていました。

しかも、彼らが「悪人」として見なされているならまだしも、
「普通の人達」こそがウソとゴマカシにまみれた
凄まじく野蛮な振る舞いに日々従事しているわけで、
しかも、そういう輩に限って、
高く評価されたりしていた訳です。

そうした人達の振る舞いや、
彼らが評価されるという状況それ自身の野蛮さに、
当方は日々、「愕然」とし「辟易」し続けていました。

そんな気分で生きていた時、
その鬱屈した不満を表現し、発言する
「言論誌への投稿」という行為は、
筆者のそのストレスを「建設的に成仏」させる、
うってつけの「公的振る舞い」となったのです。

なぜなら、その不満の論理的背景を描写して見せることは、
蓄積された「ストレス」をエネルギーとして活用しつつ、

1)この世の不条理の構図を分析し、
2)その分析内容を、公衆に向けて「分かり易い形」で公表し、
3)皆の「不条理の構図の理解」を促し、
4)それを通して、「その不条理の構図の改善」を果たす、

という「公共的」な実践活動を行うものとなったからです。

すなわち当方にとっては、
「言論活動」には、
私的な意味でも公的な意味でも、
半ばそうせざるを得ない必然性があったわけです。

逆に言えば、「言論活動」という「公的活動」に
当方が巡り会うことが無ければ、
この世間の中で居心地の良く生きていくことができず、
もっと激しい不満を抱え続けたまま生きていたかもしれません。

もちろん、本来なら「学術活動」だけでも、
不満無く楽しく従事できた筈で、
筆者は子供の頃からそれを夢想し、
それなりに努力して大学教員になり、
様々な学会で研究活動を続けたのですが―――
残念ながら、今や世間の腐敗は、
「学術界」にも深く及んでおり、
そこはユートピアでも何でも無かったのです(苦笑)。

そういう意味で、筆者は、
「言論」というものを教えて下さった
「表現者」という言論空間、
そしてそれを作られた西部先生には、
心から深く感謝しています。

そしてこうした認識から、
後期の「表現者」では休業していた「投稿欄」を、
この度「復活」させることにしたわけです。

―――以上は筆者が「言論」を行いはじめた必然性を
一例としてご紹介差し上げたわけですが、
言論を行う必然性は筆者のそれ以外にも、
様々にあり得ると思います。

そうした方々が、
少しでも「息をつく」ことができる
自由な空間を拡げるためにも、
本誌表現者クライテリオンは、
(原稿料をお支払いする)いわゆる「プロの書き手」に加えて、
「一般の方々からの言論」を広く受け付け、
掲載いたしたいと考えています。

こうして自由な言論空間が活力ある形で広がっていくことだけが、
今の日本、そして世界の「閉塞」を打開する、
唯一の道となるに違いありません。

是非とも、本メルマガ読者の皆さんも、
メルマガや本誌の原稿をお読みになる事に加えて、
「ご投稿」もご検討願えますと幸いです。

追伸1:
最新号のご寄稿は、下記よりご覧頂けます。
https://the-criterion.jp/about_letters/
例えば、馬場慎一郎さんは「世間の議論の多くが次元の違う事をごちゃまぜに論じている、だからこそ議論が混乱しているのだ」と指摘し、神下正弘さんは「今や森林は、政府の緊縮のせいで手入れが出来なくなっており、激しく荒廃しつつある」と警告を発しておられます。
福谷啓太さんは「観光地でバシャバシャとスマホで写真を撮り続けるという光景」に対して、滝脇道弘さんは日常の中で見る、父と子の弛緩しきった関係性の情景」に対してそれぞれ違和感を描写しておられます。その他にも様々なご投稿を頂いています。ご関心のものがあれば是非、お目通しください。

追伸2:
先週の「週刊ラジオ表現者」は、日本はアメリカの属国に過ぎない――という事を暗示する「戦後文学」についてお話しました。是非、お聴き下さい!
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=xDDL2zTrpQw

執筆者 : 

TAG : 

CATEGORY : 

メルマガ最新記事

啓文社書房/株式会社啓文社

本社
〒160-0022 
東京都新宿区新宿1-29-14 
パレドール新宿202
TEL
03-6709-8872
FAX
03-6709-8873