『表現者クライテリオン』メールマガジン

【藤井聡】〈コロナ第四波!?〉日本人はもういい加減「コロナ馬鹿騒ぎ」を止められるのか?

From 藤井 聡(表現者クライテリオン編集長・京都大学教授) 

こんにちは。京都大学、表現者クライテリオン編集長の藤井聡です。

緊急事態宣言が解除された今、メディアを騒がせているのが「第四波」騒動。都市活動の再開に伴って、感染が様々な都市で再び拡大してきていることが連日報道されています。

しかし、これまでの3つの波がいずれも「収束」してきたという経験から、我々は、次のことを学んできました。

(1)感染ピークアウトに緊急事態宣言は必要なかった。
(2)時短が、感染収束を早める証拠は存在しない。
(3)行動制限(自粛)が、感染収束を早める効果は(存在するにしても)限定的である。
(4)一方で、自粛・時短・緊急事態宣言は甚大な経済社会被害をもたらす

(こちらの学会で発表されていますhttps://www.jcomm.or.jp/covid19/seminar210309/)

これらの知見を踏まえるなら、今この第四波をどうやり過ごすかを考えるにあたって、まず第一に、軽々に緊急事態宣言を発出することは厳に慎むべきです。

第二に、時短や自粛要請についても、その副作用(社会経済被害)の甚大さを踏まえ、軽々に要請することは控えるべきです。

したがって、この「第四波」を抑えるためには、副作用の小さな、感染症拡大対策を図ることが重要なのです。筆者は、こういう状況では

(1)当面の間、マスク会食のさらなる徹底を呼びかける
(2)(外出時の)鼻口の接触の徹底を呼びかける

の2つを行う事が得策だと、これまで何度も主張して参りました。
(例えば、https://www.amazon.co.jp/dp/479497244X)

これで、経済社会被害を生じさせないままに、感染機会が確実に減少し(いわゆる実行再生産が1を下回り)、感染ピークアウトを促進することができるようになります。

そして、これらだけでどうしようも対処ができず、「医療崩壊」が懸念される状況になった場合に限り、

(3)高齢者の感染症対策の強化(高齢者や高齢者との接触者の自粛要請など)

を検討すべきであると申し上げてきました。
(これもこちらに記載しています、https://www.amazon.co.jp/dp/479497244X)

ただし、今、コロナ対応病床の占有率は今のところ十分に低く、俄に行動制限をかけるべき状況にあるわけではありません

しかも、今医療業界のワクチン接種も進んでいますから、これまでコロナ対応に後ろ向きだった医療関係者の中にも、対応してもよいと考える方々が増えることが期待できます。その機会を活用して、対応病床をさらにこの2,3週間の間に増強しておけば、ますます行動制限の必要性を下げることができます。

・・・以上が、筆者が、衛生学かつ医学博士の高野教授や、ウイルス学の宮沢教授らをはじめとした、京都大学レジリエンス実践ユニットの先生方と

「理性的」

に考えた上で導き出した

「正解」

だと考える行政対応です(こうした主張は1年以上前から、基本的に変わっていません)。

果たして、全国の知事や厚労省、官邸は、こうした「正解」にどれだけ近い対応を図ることができるのでしょうか?

これについて、楽観的な要因と悲観的な要因がそれぞれあります。

まず、楽観的な点から言いますと、この一年のコロナ騒動を通して、国民が一年前に比べて随分とコロナに「慣れ」てきたのは事実です。

第一波に比べて第三波の方が圧倒的に感染者・死者数が多かった一方で、行動自粛は半分程度で済んでいます。政府も8割自粛やステイホームと言うことはありませんでしたし、行動制限は時短だけに収まっています。

さらに、「慣れ」と共に、「コロナ疲れ」も拡大しており、もういい加減こんな馬鹿馬鹿しい自粛や時短なんてやめようぜ、という気分にもなってきているようです。

そもそも、多くの国民は、特に若者を中心にホンネではコロナなんてたいして怖い物じゃ無いけど、一応ポリコレ的に自粛はしといた方がいいよなぁ、というタテマエだけでコロナ自粛を支持・実施してきたのですが、1月から自粛・時短させられて「もういい加減にしてくれ」という気分が広がり始めています。

小池や吉村、官邸はそもそも、「人気取り」および「批判回避」だけを目的にしてコロナ対策をしているに過ぎませんから、世論の空気がこの様になってくれば、軽々に自粛や時短を言い出さないだろうと予期されます。

返す返す、理性不在のポピュリズム・オンリー政治の愚かしさに吐き気をもよおしてしまいますが、現実がこうなっているのですから、仕方有りません。

・・・一方で、悲観的な要因も大量にあります。そちらを考えると、さらにその嘔吐感は拡大してしまいますが。そもそも一応ここまで「慣れ」や「疲れ」が広まってきてはいるものの、コロナに怯える気分が国民の間にまだまだ残存しているのは事実。したがって、小池等による時短や自粛を望む世論はまだまだ根強く存在します。

それを察知した小池らは喜び勇んで自粛や時短を、責任感ある政治家としての「ポーズ」を見せるために要請し出すことは十分に考えられます。

で、理性的に考えれば、「小池等はそんな事言う前に「コロナ対応病床の拡大」を言うべきであり、それを言わないで自粛要請するなど噴飯物じゃ無いか!!』と誰もが考える筈なのですが、日本人でそういう筋を通そうとする倫理観や道徳観、知性が蒸発していることから、こういう世論も大して大きくなりません。

したがって、小池等が単なる「ポーズ」のために自粛・時短要請を出す可能性は極めて高いと言わざるを得ないわけです。

・・・

さて、以上を踏まえると、当方は次の様になるのではないかと、思います。

『自粛·時短を望む声はまだまだ根強いものの、いい加減「コロナ疲れ」も拡大してきているので、第三波の時の自粛要請よりも、さらにぬるめの要請が、小池等から出される』ようになるのではないかという予想です。

つまり、第一波から第三波にかけてぬるくなってきたコロナ自粛レベルは、第四波にはさらにぬるくなるのではないか、というものです。

ただし、大阪大学の物理学者の中野先生の予想によれば、第四波は第三波よりもさらに大きなものとなるリスクもあるとも言われており、そうなると、以上の議論との差し引きを通して、結局、第三波の時と同様の自粛レベルになる可能性も考えられます。

・・・以上の様な「世論予測」は、実にバカバカしいもので、本来なら、上述の「理性的な正解」を理解した政府が、そういう対応を図り、自粛なんて何もしないのが一番良いのですが・・・・本当に現代日本の政治的言論は空しさを免れ得ませんね。

とはいえ、できるだけの事をやっていく他有りません。

追伸1:理性的なコロナ対策を目指す上で、自粛・時短の悪影響の大きさをしっかり認識することは重要な一要素です。是非、表現者クライテリオンの特集号『コロナが導く社会崩壊』をご一読下さい。
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B08T77KDZC
定期購読:https://the-criterion.jp/subscription/

追伸2:理性的コロナ対策を目指す上で、行政の不条理さの認識も極めて重要です。是非、ご一読ください。
【小池=クロちゃん説】小池知事のコロナ対策は単なるポーズ。クズ男(例えばクロちゃん)が口説く女性にだけ優しくするのと全く同じ。
https://foomii.com/00178/2021032707440278215

執筆者 : 

TAG : 

CATEGORY : 

コメント

  1. ワクチンについて より:

    各国でワクチン接種が進んだ結果、感染者や重症者、死亡者等がどうなったのか、それらの推移について論じてほしいです。

  2. ローカルおじさん より:

    今回の藤井先生のご意見とは直接関係ないのですが、今インドで起きている新型コロナウイルスの感染拡大ならびに変異株の猛威について気になることがあるので、コメントさせていただきます。あくまでも推測レベルなのでなんとも言えませんが、2021年2月7日にインド・ヒマラヤ山脈で起きた「氷河崩壊」と変異株の感染拡大がつながっているということはないでしょうか。インドはさまざまな感染症の宝庫だと言われています。また、氷河崩壊によって、これまで氷に閉ざされていたウイルスが現れ、新たな感染症を広めるという注意喚起を「地球温暖化」の番組で何度も教えていただきました。現在、インドを発端に東南アジアに起きている事象は、単なる偶然なのでしょうか。2月7日に氷河が崩壊し、その約1カ月後の3月中旬から感染が拡大。しかもこれまでにない二重変異株の発生。そして一日の新規感染者が40万人を超える現状。インドでいま起きていることは、単なる新型コロナウイルスの感染拡大なのでしょうか?新型コロナウイルスと思い込み、新たなウイルス、しかもこれまで以上の脅威を持つウイルスが蔓延している可能性はないのでしょうか。科学的な知識や根拠もないのでなんとも言えませんが、気になって仕方ありません。取り返しのつかない状況にならないことだけを祈ります。

  3. 冷静な判断ができるようになったらいいな より:

    いろいろ言っても変わらないだろうから、とりあえず、Ct値というやつ?それを台湾と同じ数値にやってみては?台湾はコロナ優等生なんでしょ?これぐらいなら、自粛派もそうでない者も文句ないでしょ。話はそれからでもいいかな。

  4. 安藤 義正 より:

    初めてコメントをさせて頂きます。

    コロナウイルスについて、この頃のマスコミ報道などに接して、とても違和感を感じており、私の想いを世間に発したいと思ったのですが、
    生憎、SNS等、私は不得手なもので、また、貴誌の講読者にこそ、わたしの考えを聞いて頂きたいと思い、投稿しようと思った次第です。

     コロナに対しての自粛と補償については、何故 補償がなされないのか全くわかりませんし、コロナで亡くなる方、自粛による経済活動の低下で亡くなる方(自殺です)ともに尊い命であり、そこに区別はありませんので、今の政府や、所謂目立ちたがりの自治体の首長の発言には反吐が出る思いです。

    先日、厚生労働相の方の自粛要請を越える時間での飲食が報道され、問題視され、さらに その方の中から感染者が出た、との報道がありました。
    マスコミの報道では、
    自粛をお願いする立場である官僚がその自粛要請の時間を越え、飲食をしていたことについて批判があるようです。

    私が思うのは、
    官僚でも、私たち普通の市民でも、一年以上続くコロナ禍の緊張を強いられた環境であればこそ、仕事の仲間と(お酒のある場所ではありますが)仕事終わりに飲食を共にするということは、極々自然な事ではないか、ということです。
    この事が批判されることがどのような社会であるのか、今一度考えるべきではないかと強く感じます。
     コロナ禍で、特に公の立場の方は大変な想いをされていると思います。しかし それは裏を返せば、公の人であっても、自粛はもう無理である、ということの証明であり、今の政府の政策が如何に無理なことを国民に求めているのか、と私は感じるのです。

    私の回りの人にこの事を聞いても、
    「自業自得だ」
    「お願いする立場の人がそんなことするのは納得がいかない」
    「公務員としてどうなのか」
    等など。

    では、
    今回の厚労相の方がもし亡くなっても同じことが言えるのかと、
    そこにとても違和感を感じています。
    コロナウイルスは年齢や基礎疾患にもよりますが亡くなる可能性がある「病気」ですよね?

    でも、公務員が自粛要請を破るなら、死んでも「自業自得」だと…。

     感染症などのコロナウイルスを減らしていこうとする医学的な見解と、自粛などを行った際の経済の状況や、それによる自殺の増加など、経済的、社会的な観点から見た見解、様々あるかと思います。

    正直、私はそのような難しいことについて答えを持ち合わせてはおりません。

    私の体験からひとつ、知って頂きたいことがあります。
    私は介護老人福祉施設に勤務しているのですが、昨年、職員の一人がコロナウイルスに感染しました。
    コロナウイルス感染の危機が叫ばれているなかで、繁華街に遊びにいったようなのですが、
    その方に対してかけられたのは「介護職員として軽率だ」「自覚が足りない」「みんなに迷惑をかけて」といった言葉でした。

    コロナウイルスは、病気ですよね?
    普段、身近な人が病気になったら、普通の人はどんな言葉をかけるのでしょうか。
    「大丈夫?」
    「病院には行ったの?」
    「何かできることがあったら言ってね」
    「お大事に」等など。

     確かに介護職員として、コロナウイルス感染の拡大が言われている時期に繁華街へ遊びに行ったのは軽率であると私も思います。
    しかし、
    そういった会社や社会の変な圧力を感じたのか、その職員は、復帰すること無く会社を辞めてしまいました。

     今の日本社会は、コロナ感染者は「ひと」」ではなくただの「感染者1」。
    コロナウイルスに感染する奴が悪い奴。自業自得 等など。

    病気に感染する、
    これって悪いことなのでしょうか?

    軽率な行動をする方も勿論いるでしょう。
    私がワイドショウを見すぎなのかもしれませんが、

    経済や、社会、病気、
    という視点の前に、

    「大丈夫?」「病院には行ったの?」「お大事に」「早く良くなるといいね」

    こういった言葉をかけられる普通の世の中が、
    かえってきて欲しいと思い、
    コメントをさせて頂きました。

    ご批判等、当然あるかと思いますが、
    私の思いとして、
    どうしても、どこかに吐き出したい思いでしたので、この場をお借り致しました。

    長々とすみませんでした。

    • ゾンビ より:

      横から失礼します。
      昨年の夏頃に介護施設の方と仕事で話をする機会がありました。その施設と同じ市中にある知り合いの介護施設でコロナの感染者が出たそうなんですが、どこからその情報を知ったのか一日中電話が鳴りっぱなし。内容は「感染者の名前は?」「感染者はどこに住んでいるんだ?」はじめ誹謗中傷だらけだったそうで、仕事にはならないし精神的に非常に追い詰められたそうです。
      ついこの間までは、インフルエンザの季節になれば職場や知人など近い人でも感染して、大変だったねで済んでいました。学級閉鎖になれば子供なんて大喜びする始末です(笑)
      おっしゃる通り、コロナに感染することが絶対悪である風潮は非常に恐ろしいです。また、感染したことを一方的に誹謗中傷する風潮。もはや私刑に近いなと感じています。
      こんな風潮を見ていると、いつぞや浜崎先生が言われていた「我々はリスクのために生きているのではなく、生きるためにリスク管理をするんだ」(正確な引用でなくて申し訳ない)を思い出し、至言だなと思う次第です。

  5. 寿限無coffee より:

    ”聖火リレー自粛”に対して正面切って反論する科学者がいないのは残念! 屋外で観客がマスク着用であれば新型コロナウイルスは空気感染しないのは、この一年の経過の中で自明です。いつでもどこでも三密回避の頭は捨てましょう。

  6. 中井健二 より:

    もういい加減に茶番劇は止めて欲しいです。
    今回の騒ぎの裏である勢力の存在を感じています。
    彼らが世界中を虚偽まがいのパンデミックで支配したいようです。
    彼らの専制政治は止めさせましょう。
    新型コロナウィルスよりもインフルエンザの方がよっぽど危険です。
    インフルエンザでどれだけ多くの人が感染して亡くなっても
    今回の新型コロナウィルスの時のような対応はしなくても
    世間は大丈夫でした。
    何故、新型コロナウィルスのために多くの社会的な犠牲を知られるのでしょうか?
    誰かが新型コロナウィルスという水戸黄門の印籠を使って世界中の人たちを
    騙しているだけとしか思えません。
    藤井先生のフェイスブックには友達リクエスト出していますが、まだ承認されて
    いないのでコメントが出来ません。いつも歯がゆい想いをしています。
    ここでコメントする事が出来ました。
    新型コロナウィルスとは直接関係ありませんが、緊縮財政はやればやるほど
    逆効果です。また消費税の凍結を求む。
    このコロナ不況に消費税の負担で国民は参っています。消費税を凍結して
    経済が潤って大いに国民が日本が大いに豊かになるまで消費税の凍結を。

  7. 大和魂 より:

    そもそもが単純にコロナ禍の、この一年の死亡者数と通年の風邪や肺結核やインフルエンザ等の死亡者数とを比較するだけで、コロナの属性がほぼ断定できると考えています。

    ただし、現段階の複数のコロナ変異株やコロナワクチンやPCR検査等については、国際社会の歴史の観点から不確実性だから、今後さらに【イタチごっこ】になる可能性が高くなると思うので危機感をもって国際社会の動向との同時分析で考えるべきと捉えているところです。

    なので東京五輪は内心では是が非でも、やってもらいたいのですが何とも微妙なところですね。

  8. 冷静な対応を臨む より:

     正直な所を申しますと、自粛を要請しているが陽性者が減少したかと言えばハッキリと減少したとは言えず、経済的な被害がかなり大きいと思われます。最近のニュースでは『この変異株はマスクをすり抜ける』や『PCR検査をすり抜ける』と述べており、疑問が浮かびます。
     そもそもですが、新型コロナウイルスというものは果たして存在しているのかすら疑問です。ドイツでは新型コロナウイルスの存在を証明した人に一億三千万円をあげるという極めておかしい話が出ており、またコロナウイルスが直接の原因で死亡した人は0人というのも官房長官が述べております。どうやらこの国は科学的根拠は完全に無視し、人々の感情に訴えかける精神論的な主張が多いように思われます。とにかくやりっぱなしであり、実験で例えるならば考察をろくにせずに実験を進めているのと同じなのではないかと思われます。
     早く内容の濃い対策の議論がされますことを私個人として願っております。いつも藤井先生の記事を読ませていただいた上で日々勉強させていただいております。ありがとうございます。

  9. 熱く激しく時にクールに生きようぜ より:

    マスク会食、目鼻を触らないは現実的ではありませんから私はしません。
    春は花粉やら黄砂で目は痒いですよね。

    しかし何故にアホな緑のタヌキみたいな高齢者に従うのでしょうか。アホな連中を権力者と認めてますかね?私は全く認めてません。

    アホに引きずられる中年も考え直した方が良いと思います。アホに媚を売っても何もいいことなんかありゃしません。

    しかし何で日本なこんなんなってしまったんでしょうねぇ。細かいことは気にせず、臆病でゴチャゴチャ言うヤツはブッ飛ばせばいいと思うんですけどね。臆病な病気が治らないと自主独立出来ません。

    私はイライラするので、出来れば出て行ける国があるなら出て行くか、アホを叩き潰したい思いですね。

    もう自粛派と言い争うのは個人的にも最後のファイティングにしたいです。

    “オイルを換えて
    煙草と毛布とギターを バックシート積んで
    仲間とおちあう バイパスのドライブイン
    今夜シーサイドの奴等を 叩き潰す
    これが最後の ファイティング
    “さよなら”のかわりさ
    夜が明ける前に この国 出てゆく”

    それと問題はエゴイストな高齢者達です。まだ生きたいだの、自分こそ生きる権利があるだの、その態度が醜くて仕方がありません。自己保身から「自由にやれ」とも言わない卑怯者の高齢者もいます。要するに子殺しの国では、高齢者は若者や子供の事など一切気にはしてないんでしょう。

    そのクセ「働け」ですからどっちやねん。みたいな。

    あと気になるのは経済ですね。一律給付金は一度きりで補償も結局無しなら自動的に自粛は出来ません。なので自粛派が一体何を言いたいのかがサッパリ理解出来ません。自粛派も買い物行ったり何かしら外出はするわけでして、自分の都合による外出は良くて他人はダメだなんてのは馬鹿そのものですね。

    誰がモノを作り配送し販売するんだ?と何度聞いてもダンマリなんですよ。治安維持や自衛隊も必要ですし、現実的に考えたら自粛なと出来ないでしょう言うてもスルーするわけです。自粛派なんてのは現実すら見れない馬鹿そのものです。最低限政府から金を持って来てから自粛言えや、と強く言いたいですね。

    それに何でバイ菌扱いされてまで宅配せなアカンのか?って。テメェで自給自足やれやでしょう。

    最後に自民党若手議員さんよ、あんたら高齢者議員がいなくなったら無職やで。役立たずは覚悟しときな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
誹謗中傷や公序良俗に反する投稿は、編集部の判断で削除させて頂くことがございます。
(ご不明な点は、編集部あてにメールにてお問い合わせください。)
* の項目は必須項目となります。