クライテリオン・サポーターズ(年間購読)最大6,000円OFF

【藤井聡】12/15発売、表現者クライテリオン2024年1月号 巻頭言

啓文社(編集用)

啓文社(編集用)

12月15日発売!最新号『表現者クライテリオン2024年1月号』の特集タイトルは、

「政治と宗教」を問う

神道・仏教からザイム真理教まで

本日は本誌編集長の藤井聡先生による「巻頭言」を公開いたします。
本特集の企画趣旨をご一読いただくとともに、ご関心をもたれましたら是非ご購入予約の方をお願いいたします。
購入予約・詳細はこちら
定期購読にお申込みいただく10%OFF送料無料、発売日前にお届けいたします。

--------------------------

巻頭言

  今の日本の政治の腐敗は著しい。一旦政治権力を掌握すると司法を平然と歪めて“しら”を切り通す程に、我が国中枢は腐敗してしまった。
 こうなった背景にあるのが日本における「宗教性の喪失」だ。
 戦後日本では公の場で宗教を語ることそれ自体がタブーとなり、政治においては「政教分離」の趣旨がはき違えられ、政治の現場から宗教性が蒸発し続けた。結果、あらゆる公正・正義が蔑ろにされるに至っている。
 その結果、逆説的にも生み出されたのが統一教会問題であり、虚偽の言説を脅迫に基づいて信者に強要し続けるカルトの様な緊縮財政派の権力中枢における横暴問題、いわゆる「ザイム真理教」問題だ。
 こうした悲劇的状況から我が国を救い出すには、諸外国と同様に、そしてかつての日本の様に、適切なかたちで適切な宗教“性”の復活を試みる他ないのではないか――それが本特集「『政治と宗教』を問う」の趣旨である。本特集が我が国における適切な宗教性の復活に僅かなりとも貢献せんことを、祈念したい。

表現者クライテリオン編集長 藤井聡

執筆者 : 

CATEGORY : 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


メールマガジンに登録する(無料)