new 信州・松本シンポジウム開催決定

『表現者クライテリオン』メールマガジン

【藤井聡】人命の「殺傷能力」は、コロナよりも「大不況」の方が圧倒的に高い。

From 藤井 聡(表現者クライテリオン編集長・京都大学教授) 

皆さんこんにちは、表現者クライテリオン編集長、京都大学教授の藤井聡です。

今、日本は、新型コロナ対策の一環で「過剰な自粛」ムードが蔓延し、とてつもない不況に突入し始めています。

折りから消費増税で大変な打撃を受けていた日本経済(なんと、一年で国民所得が一人あたり30万円もなくなる勢いで冷え込んでいます)で、過剰自粛ムードがこれだけ蔓延すれば、さらに途轍もない不況に突入することは必至です。

「マクロ経済」と同時に、「リスクコミュニケーション」「リスクマネジメント」について研究をして参りました当方からしてみると、これは、コロナの蔓延以上に恐ろしい事態であると認識し、次のような記事を配信しました。

過剰自粛という集団ヒステリー ~「100人以下」のイベントでの感染確率は「ほぼゼロ」である~
https://38news.jp/economy/15456

この記事で当方は、

(1)「過剰自粛」は経済を疲弊させ、恐ろしい帰結を導く
(2)だから、そのイベントの開催メリットとデメリットを比較衡量しつつ是々非々で開催/キャンセルを判断すべき
(3)そして、現下の感染状況では、100人以下のイベントの感染確率は「ほぼゼロ」であるから、その点を踏まえて、その必要性に応じて是々非々で開催判断をすることが適当である。

と主張しました。

記事をしっかりと読んでいただいた理性的な方は皆納得いただいたと思いますが、中には筆者の主張を批判・非難される方々が少なからずおられました。

そうした批判・非難は、主として「100人以下でも感染者が出てるのに、そんな主張はおかしい!!」というものでしたが、当方の記事を読んでいただければ一目瞭然ですが、筆者は100人以下でも感染する確率が「ゼロ」であると言っているのではなく、「ほぼゼロ」だと言っているわけで、当然、100人であろうが、10人であろうが、はたまた2人であろうが、他者と接触すれば感染が広がるリスクは当然存在します。

したがって、当方の記事を批判・非難される方のほとんどが、記事内容をあまり確認しないで、タイトルのイメージだけで批判・非難されている方が大半のようでした。

(他のパターンとしては、「イベントの質を考慮していないじゃないか!閉鎖空間のイベントは危ないだろ!」というのもありましたが、当方の計算は、そのイベントに感染者が含まれている確率を計算しているものです。言うまでも無く、感染者がイベントに含まれていなければ感染することはありませんから、当方の確率値は感染率の「上限値」を意味しているのです。したがって、当方の確率値はかなり“悲観的”なものになっているのです)

いずれにせよ、当方の「100人以下ならほぼリスクゼロ」という、単なる「客観的事実」の情報提供がこれだけ批判・非難されるのは、世間が今、パニック状態、ヒステリー状態にあることの証左です。

ヒステリーを起こしている人は「それ、ヒステリーだよ」と冷静に指摘されれば、ヒステリーをさらに加熱させる・・・ということがしばしば起こりますが、今回まさに、そういう事態が起こっているわけです。

さて、こうしたコロナについてのヒステリー状況が巻き起こっている理由には、実に様々なものがありますが、その最も根源的な理由の一つが、

「過剰自粛がどれだけ危ないものなのかを、一般の国民はほとんど理解していない」

というもの。

まずは、こちらのグラフをご覧ください。


https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2350207628413500&set=a.236228089811475&type=3&theater

日本は、(97年の消費増税を皮切りとして始まった)98年からとてつもない「デフレ不況」に突入してしまいましたが、ご覧のようにデフレに突入した98年から、自殺者数が一気に年間1万人も増えてしまったのです!

その後、10年以上もその状況が続きました。2010年代に入ってようやくその死者数も減り始めたのですが、この推移から「このデフレ不況に『よって』増えてしまった自殺者数」を推計すると、実に14万人以上という推計値となりました!!

つまり大不況というものは、14万人もの人命を奪い取る程の、すさまじい「殺傷能力」を持っているのです!

ちなみに、コロナが蔓延し、昨今ようやく収束し始めたのではないかと言われている中国ですら、その死者数は3000人。

これは、上記の大不況による死者数のわずか3%以下の水準に過ぎません。

今はようやく自殺者数も、デフレ不況になる「前」の水準にまで落ち着いてきているのですが、過剰な自粛を繰り返して、日本経済がさらに疲弊すればまた、瞬くまでに自殺者が増加してしまうことは避けられないでしょう。

だから筆者は、せめて100人以下の、感染が含まれているリスクが大規模イベントよりも圧倒的に少ないイベントについては、その必要性を鑑みて是々非々で開催することが必要だと主張したわけです。

これはちょうど、クルマに乗れば事故で死ぬかもしれないが、その必要性を鑑みて、事故で死ぬリスクを「飲み込んだ」上で、クルマを使う、という話しと同じなのです。特に電車があまりない地方の場合、クルマは必需品、になっていますよね。そんな場所でクルマが怖いからといって一切使わなければ、生活ができなくなってしまいます。

それが、「リスクと付き合う」という姿勢なのであって、今、コロナについてもそうした冷静な姿勢が求められているのです(実は、当方が長年従事してきましたリスクマネジメント/リスクコミュニケーションと呼ばれる学術分野では、こういう態度が「リスク・アクセプタンス」risk acceptanceと呼ばれているのですが、リスク問題については、こうした態度が常に求められているのです)。

いずれにせよ、5人や10人、あるいは、数十人程度の会合やイベントをヒステリックに全て中止していれば、皆、生活などできなくなってしまうのです。そして、皆がそれをやればやるほど、大不況になって、何万人もの命が失われてしまうことになるのです!

だから、100人以下の規模のイベントなら、是々非々で開催していけばよいのです。

ただし・・・クルマを乗るときに必要なのは、「安全運転」。

イベントを開催するなら、マスクを全員が着用する、消毒薬で手を洗う、換気をする・・・という対策が必要です。

ついては読者の皆さん、コロナリスクに対しては、冷静に、理性的に対処いただきたいと思います(そしてもちろん、政府は消費税を「凍結」し、あらゆる所得補填、損失補填を徹底的に進める、というくらいの対応が必要ですね)。

さもなければ、未曾有の大不況に突入してしまうことがもはや避けられない様な状況に、我が国日本は立ち至っているのです。

追伸:
・・・そして、このコロナショックによる大不況もまた、人災なのです・・・。是非、ご一読ください。
「日本は今、コロナが病因の肺炎よりも、「安倍総理」が病因の「自粛病」が激しく大流行し、大恐慌に突入しようとしている。」
https://foomii.com/00178/2020030615020564338

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガのバックナンバーはこちらで閲覧頂けます。
https://the-criterion.jp/category/mail-magazine/

雑誌『表現者クライテリオン』の定期購読はこちらから。
https://the-criterion.jp/subscription/

Twitter公式アカウントはこちらです。フォローお願いします。
https://twitter.com/h_criterion

その他『表現者クライテリオン』関連の情報は、下記サイトにて。
https://the-criterion.jp

ご感想&質問&お問合せ(『表現者クライテリオン』編集部)
info@the-criterion.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

執筆者 : 

TAG : 

CATEGORY : 

コメント

  1. 門間幸子 より:

    全国一斉休校の要請が総理から出た時点で、コロナ死亡者より自殺者の方が多くなると思いました。なぜなら、社会の中で、一番安心で安全なはず、安心安全で無ければならない場所と思っていたのに、そこを閉鎖する事は、たくさんの方に大きなショックと不安を与え、コロナへの恐怖感に、理性を失ってしまうのではと思いました。うちは、一人親方の建築業で、かたわらで小さな店を経営しています。消費税が10%になった途端に、商品の売り上げが落ち、苦戦している真っ只中での今回の騒動は、死活問題だと思いました.FBでも何度も呟きましたが、私には他にすべがなかったのです。先生の投稿を読んだときは、泣けました。がくしきのあるかたが、キチンと説明してくれたこと、私の恐怖を形にして下さったことで、たくさんの方に伝わり、救われるかもしれないとという思いになりました。ありがとうございます。あの発表以来、客数の減少だけで無く、大工仕事の発注も途絶えましたが、先生の記事で、社会が動くかもしれないと希望が持てました。
    自助努力し、この事態を乗り越えようと思いました。一日も早く、子供たちが学校に戻り、日常を取り戻せることを願っています。本当にありがとうございました。

  2. 中村 より:

    おっしゃることはわかりますし、そのとおりと思います、
    誰も好き好んで売上を失う自粛なんかしたくないです。
    経営者が恐れてているのは自社の店舗、イベント等で感染者が出てマスコミに報道され客を失い、悪評を受け致命的な事態となることです。クラスター感染が問題となっている関西のライブハウスの客も100人前後だったようです。勇気をもって自粛しても、それで感染者が出てしまえば社会的に抹殺されかねない。この部分はどう考えたら良いのでしょうか。

  3. 日野清人 より:

    初めまして、島根県の日野と申します。
    この度のコロナウィルスによる各種イベント自粛要請による国民の過剰な反応にとても強い不安を抱いている一人です。
    自分の気持ちを上手く表現出来ませんが、先生の文章を読ませて頂き至極納得しております。今のコロナ騒ぎより恐ろしい事がこの後に起こるのではという不安の方が大きいです。
    私の知人が「私の実家は地元では行列の出来る散髪屋なんですが、今回の騒ぎで全くお客さんが来られなくなりました。今溜息をついている父の背中がとても小さく見えてとても寂しいです」と言っていましたが、本当にその言葉に象徴されていると思いました。
    前々から我々一般庶民の生活など理解されない安倍総理と思っていましたが、今回の無責任と思われる発言でたちまち窮地に追い込まれる人達がいることを知って欲しいです。
    そして感染者に対する隔離、建物等の消毒、これらの行動を見ていると昔の「らい予防法」を連想させてしまっているのは私だけではないと思います。
    このために、新たな差別が生まれてしまう事も併せて危惧しております。
    すみません、言いたいことが纏まりませんが、今の政府の姿勢に疑問を感じている庶民の嘆きでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
誹謗中傷や公序良俗に反する投稿は、編集部の判断で削除させて頂くことがございます。
(ご不明な点は、編集部あてにメールにてお問い合わせください。)
* の項目は必須項目となります。

メルマガ最新記事