10/23大阪シンポジウムのアーカイブはこちら

10/23大阪シンポジウムのアーカイブはこちら

HOMEスライド『表現者クライテリオン』メールマガジン

【藤井聡】大阪市民の「大阪市存続」という未来に向けた決意表明に、心より表敬・祝福申し上げます。

From 啓文社(編集用) 

(※ 令和2年11月1日26時、大阪市廃止住民投票結果が出た直後に、自宅より下記動画を通してメッセージを発しました。以下にご紹介さし上げます。)
https://www.youtube.com/watch?v=vq-LMfTrnQU

おはようございます。表現者クライテリオン編集長、京都大学の藤井聡です。

この度、大阪市廃止と特別区設置の住民投票が、大阪市民の皆様の投票により否決されました。

これは決して、大阪を都にするという構想を否定するというネガティブな判断ではありません

それは、大阪市民が連綿と引き継いできた大阪市という一つの有機的な自治共同体を、「自分達は決して捨て去りはしない、私達は私達の自治共同体を守り、そして、周りの自治体や大阪府、そして日本全体と協調しながら、大阪を発展させていくのだ」という、決意を表明されたものと思います。

大阪市民の皆様のその決意を、心より祝福申し上げたいと思います。

もちろん、大阪市民の中には、大阪都構想というポジティブな構想を是非やるべきだとお感じの方々も多数おられます。

しかし、大阪を発展させ、東京に比類するような街に発展させていくことは、大阪市という自治共同体が主人公となって続けていくことでも、絶対に可能だと考えます。

大阪を活力ある都にするという意味での真の「真・大阪都構想」は、大阪市として、周辺の自治体と日本全体とで手を取り合いながら実現させていくことは、絶対にできる筈だと考えます。

この度の大阪市廃止を巡るご議論へのご尽力、誠にお疲れ様でございました。

これからの前途洋々たる大阪市の未来を、心からご祈念申し上げたいと思います。

そして、微力ながら、当方にもお手伝いできることがありますれば、精一杯ご協力さし上げたいと思います。

改めまして、大阪市民の皆様のご決意に、心から敬意を表したいと思います。

そしてこの度の大阪市民、そして、大阪市にご関心を持たれました日本全国の皆様のご議論、そして、その議論に向けたご尽力、心より御礼申し上げたいと思います。
有り難うございました。

令和2年11月1日26時 京都大学藤井聡 
https://www.youtube.com/watch?v=vq-LMfTrnQU

執筆者 : 

CATEGORY : 

コメント

  1. 宮沢孝幸さんに発信の場を! より:

    藤井先生へ。2日前に、宮沢先生がアベマTVに出演した際に、元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏と論争になりました。その時の宮沢さんの言動が部分的に切り取られて、ネットで拡散する事態となっております。宮沢さんが本当に主張したかった事の詳細が伝わる事なく、ヒートアップした部分だけが拡散するといった事態になっております。

    宮沢さんが本当に伝えたかった事が、世間の人達に伝わるように、宮沢さんのために発信の場を与えてあげてほしいです。このまま切り取られた動画がネット上で一人歩きをする事は、宮沢さんに対する名誉棄損・信用棄損を誘発すると危惧しています。宮沢さんを救助してあげてください。

  2. 大和魂 より:

    これから述べることは【しらすの國】の末裔として語ります。それで本気で知れば知るほど大阪都構想ならぬ橋下徹劇場の中身は、大阪市民と大阪府民をもバカにしまくった大衆迎合の最低の極みでした。しかも投票日に近づくにつれてドンドンと住民投票の中身の詭弁が次々と明らかになり、その言い訳もさることながら日本国内に於ける前代未聞の住民投票は、その名を明確に歴史に刻みましたね。つまりこれハッキリ言うけど重罪に相当する詐欺だよ!!なぁ鈴木宗男よ聴いてるか、お前それに加担して会見でもやってみろよな、橋下徹にそれアカンでって言う立場だろうがよ!お前都合のいい時だけ会見すんなよな!

    少し道を逸れましたがそれだけ今回の案件が重大で重要な局面だったと言うことです。それに対して大阪市民の皆様には心より厚く御礼申し上げますと共に、これからの維新の行動には十分警戒されるのと、日本でも屈指の市立と府立の図書館に少しでも多く足を運んで学問を楽しんで貰い次に備えて頂きたい心境です。

  3. 大野 正 より:

    お疲れさまでした。そしてありがとうございました。
    経世済民メルマガ・facebook・書籍・シンポジウムなどを通して
    藤井先生のファンの一人でございます。
    小生は仕事の関係で約40年前に大阪に住んだことがある程度の埼玉県民ですが、
    日本全体を想うと大阪都構想の件はとても心配でした。
    日本人まだまだ捨てたものではないと一安心の材料になりました。
    欲を言えば、前回そして今回のように僅差ではなく、
    最低でも6:4位の明確な差であって欲しかったと思います。

  4. 岡 淳 より:

    私は世間一般の常識(やばいのは創価学会で公明党は操り人形)とは逆で、公明党の勝ち馬に乗りたい病に創価学会が泥を塗られていると、考えております。大阪都構想では公明党色に120%染め上げたので公明党は賛成に回りましたと佐藤茂樹衆議院議員と山口那津男衆議院議員は松井一郎さんや吉村さんより責任が重いです。佐藤山口両議員は辞職すべきです。雑誌『潮』は面白い。創価高校はクリエイティブな良い高校。私は芸人さんのH.Mさんや歌手のH.Mさんが好きです。私は公明党は全否定ですが、創価学会は否定し切れません。私は無学で、今どなたが創価学会のトップなのか知りません。ただ、今頃佐藤山口両議員は呼び出し喰らって、その方にどつかれてると信じたいです!

  5. アデナウア より:

    お疲れ様でした。しかし以前として国土強靭化は遥かに遠い。藤井先生には今後とも期待させて頂きます。

  6. たえりん より:

    大阪市が廃止されなくて、本当にほっとしました。圧倒的に賛成が多い中ではじまった住民投票でした。しかし、藤井先生をはじめ、三橋さんや山本太郎さんといった、左右を問わず、反対論を主張された方々のおかげで、維新の洗脳から目が覚めた人も少なからずいたと思います。ありがとうございます。未だに在版テレビでは、都構想に未練たらたらの報道ばかりでうんざりします。まるで、年寄りの反対派が若者や子育て世代の邪魔をしたかのようなネガティブキャンペーンばかりで、本当に狂っているとしか言いようがありません。まだまだ「都構想」という妄想は、しつこく生き延びていくのでしょうが、事実を知り、本質を知る力が伸びれば、こういった馬鹿げた考えを食い止めることができると思います。その意味で、10代の人達に反対票が多かったのは、一筋の希望です。

  7. ゴリラ より:

    お疲れ様でした

    これを政界財界に巣食うネオリベへの反撃の狼煙として、

    日本国民のための日本を取り戻ししていきましょう

    藤井先生たちの言論はネットを通じて確かに水面下で沈黙している国民に広がっています

    引き続き頑張ってください

  8. ひひ より:

    藤井聡氏に次の大阪市長になって欲しいです。
    発展には藤井氏の著書の大大阪構想が必要と思うので。
    西日本各地と大阪を高速鉄道(新幹線)で繋ぐ事が発展に欠かせないと思うので

  9. はっちゃん より:

    藤井聡先生、並びに表現者クライテリオンの皆様。
    本当にありがとうございました。
    私は大阪市内在住のものです。
    とても嬉しく、ホッとしております。
    維新の会の人たちは「都構想」を
    組織をまとめ上げるためのスローガンにしていると
    言うお話がありましたね。
    では住民投票は「イベント」という事になるのかもしれません。
    テレビなどでは彼らを指して「背水の陣だった」などと
    言われることもあるみたいですが噴飯ものです。
    松井市長などこの後2年半も市長を続けますし、
    終わるころには引退するにはちょうどいい年ですよ。
    背水の陣は大阪市民だったと思います。
    ですから、今回の結果を
    「ヒーローが敗れた」みたいに報じられることには
    警戒するべきだと思っております。

  10. Kiyoshi Ueyama より:

    藤井先生お疲れ様でした。
    先生のご活躍あっての今回の結果だと思います。
    お世話になりました。かつて大阪市に勤めたものとして感謝申し上げます。ありがとうございました

  11. としきんぐ より:

    シンプルに今の気持ちをコメントさせていただきます。

    本間にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
誹謗中傷や公序良俗に反する投稿は、編集部の判断で削除させて頂くことがございます。
(ご不明な点は、編集部あてにメールにてお問い合わせください。)
* の項目は必須項目となります。

メルマガ最新記事