11/20 神戸シンポジウム開催!

『表現者クライテリオン』メールマガジン

【保守放談】キルケゴールとコロナ危機―〈絶望=不協和〉に喘ぐ日本人

From 啓文社(編集用) 

本日、2021年6月16日発売した『表現者クライテリオン』の最新号

もうすでに手にした方はいますでしょうか?

今回は本誌で毎号掲載している「保守放談」を公開します。内容は最新号(2021年7月号)の掲載分です。

まだ手にしていない方は、ぜひこの機会に『表現者クライテリオン』7月号をご購入してみてください。

以下内容です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キルケゴールとコロナ危機―〈絶望=不協和〉に喘ぐ日本人

 最近、『死に至る病』を読み直す時間があった。その感想を、この度のコロナ状況に引き付けて言えば、キルケゴールが描く〈絶望=不協和〉の姿は、まさに私たち自身の姿だと言える。

 キルケゴールによれば、人間は、無限性と有限性、可能性と必然性の間で綱渡りをする存在だとされるが、そうした二つのものの間の関係に関係するとき

―つまり、その間のバランスを反省するとき、人は「自己」となる。が、もし、その反省する「自己」が、「自己」そのものを措定した「他者」への信仰を欠いているなら、どうして「自己」は、適切なバランスを見出すことができようか。

無限の情報を前に無限に反省する自己を限定し、本来的な「生き方」を見出すには、私は、私を措定した〈他者―神―自然〉を引き受け、それを信じなければならない。

 そう考えると、このバランスを失ったコロナ騒動の主原因は知性の問題ではないと分かる。私たち日本人が「信仰」を失ってしまった結果、それが、今の惨状なのである。

(『表現者クライテリオン』2021年7月号より)

 

 

他の連載などは『表現者クライテリオン』2021年7月号にて

本誌はその他、人と社会のあらゆる問題を様々なテーマに沿ってお届け。
毎回読み応え抜群です!

気になった方はぜひ以下から本誌を購入してみてください!

『表現者クライテリオン』2021年7月号
「孫子のための「財政論」 中央銀行の政治学」
https://the-criterion.jp/backnumber/97_202107/

メールマガジンではいち早く記事更新やイベント情報をお届け!

無料で購読できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お知らせ】

7/1 シンポジウム開催!

登壇者:桑原響子氏・佐藤優氏・伊藤貫氏・本誌編集長 藤井聡 
日時:7/1(木) 18:30~
場所:星陵会館(永田町駅より徒歩3分)

詳細・申込み

皆様のご参加お待ちしております。

 

『月刊表現者』始動!

『表現者クライテリオン』定期購読者限定!!
6/30までの期間限定で100円で購読できます!
定期購読者はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガのバックナンバーはこちらで閲覧頂けます。
https://the-criterion.jp/category/mail-magazine/

雑誌『表現者クライテリオン』の定期購読はこちらから。
https://the-criterion.jp/subscription/

Twitter公式アカウントはこちらです。フォローお願いします。
https://twitter.com/h_criterion

その他『表現者クライテリオン』関連の情報は、下記サイトにて。
https://the-criterion.jp

ご感想&質問&お問合せ(『表現者クライテリオン』編集部)
info@the-criterion.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

執筆者 : 

CATEGORY : 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
誹謗中傷や公序良俗に反する投稿は、編集部の判断で削除させて頂くことがございます。
(ご不明な点は、編集部あてにメールにてお問い合わせください。)
* の項目は必須項目となります。