new 信州・松本シンポジウム開催決定

『表現者クライテリオン』メールマガジン

【鳥兜】臨界を突破した安倍政権の「噓」__「悪魔」に憑かれはじめた日本人

From 『表現者クライテリオン』編集部 

 安倍政権の「噓」が臨界を突破したかに見える。
いや、これまでも、教師と研究者とを疲弊させるだけの教育・大学改革、公約無視のTPP参加と日米FTAでの完全譲歩、米国言われるがままの解釈改憲、戦後レジームを完成させる加憲案、
ナショナリズムを溶解させる移民政策、デフレ脱却に逆行する消費増税、幾多の新自由主義政策(恣意的な規制緩和)、そして、南スーダン問題での日報隠しと森友問題をめぐる公文書改竄などなど、
不条理としか言いようのない(つまり、全く筋が通らない)安倍政権の悪政の数々を考えれば、臨界などは、もうとっくの昔に突破しているのだと言うべきなのかもしれない。

 が、考えようによっては、それらは「政策の失敗」だと見ることもできたし──つまり、政府は、次は失敗しませんと言い訳することができた──、
「政策の失敗」に還元できないスキャンダル(噓)については、防衛省や、財務省や、文科省のせいにすることもできた。
 しかし、この度の「桜を見る会」をめぐる「噓」と、月例経済報告の「噓」(リーマンショック以上の景気動向指数の悪化を前に「景気は緩やかな回復基調にある」といった噓)については、どこからどう見ても確信犯である。
月例経済報告の噓については、田村秀男氏が本誌でその詳細を論じているので、そちらを読んでいただくとして、「桜を見る会」をめぐるドタバタの方は、ほとんど下手な漫才のレベルである。

 会の私物化を指摘され、招待者名簿の提出を迫られた政府は、既に名簿は廃棄したと言い、それを廃棄した日を問われると、野党が名簿提出を要求したその日(五月九日)であると言い、
なぜ、すぐに廃棄しなかったのか(なぜ廃棄が五月九日なのか)と問われると、シュレッダーが混んでいたからだと言う。
この時点で、漫才なら席を立つところだが、極めつけは、「桜を見る会」に反社会勢力が参加していたのではないかと指摘されたときの政府の答えである。
なんと「反社会勢力は定義できない」らしいのだ。

 いや、たしかに「桜を見る会」のドタバタ自体は、天下国家の問題に比べれば、実に下らない見世物でしかないのかもしれない。
が、問題なのは、安倍政権が子供でも分かる噓を平然とついているということであり、さらに、その「噓」を聞いた国民が、
「いつものことだ」とでも言うように、それを平然と許しているということなのである。
実際、喉元過ぎればなんとやらで、その後、安倍政権の支持率はまた回復したと言うではないか。

 与党の側が「どうせ国民なんてそんなものだ」と舐めているのだとすれば、国民の側も「どうせ政治家なんてそんなものだ」と高を括っているのだ。
要するに、日本国家全体が「噓」に慣れはじめているわけだが、もうここまで来ると、全ては暖簾に腕押しである。
「噓つく阿呆に、つかれる阿呆、同じ阿呆ならつかなきゃ損々」とでもいうように、「正しさ」や「真実」を求める声は、次第に鬱陶しいものとなりつつある。

 が、本当に恐ろしいのはここからだろう。
人々が「正しさ」を求めることに無力感を感じはじめてしまえば、その場を支配する力は、「正/不正」を問う言葉から、「多勢/無勢」の空気へと移っていかざるを得ない。
そうなれば政治は、一挙に「盲人、盲人の手を引く」が如き様相を呈しはじめるだろう。
聖書には、レギオン(多勢のローマ軍)と呼ばれる悪魔に憑かれた豚の群れが、険しい崖から湖へなだれ込んで溺れ死ぬという話があるが(マルコの福音書)、
ここ最近の「噓」と、その「噓」に対する無気力(不感症)を見る限り、日本人が、その悪魔に憑かれていないという保証はどこにもないと言うべきである。

執筆者 : 

CATEGORY : 

コメント

  1. milai15 より:

    このままでは日本は奈落の果てにまっしぐら。悪魔は内閣、官僚を支配し「国民の【命】が大事なんて政治は間違っていると思う」戦争に進む身支度。危機管理システムがない日本は国民は瀕死状態となる。自民支持率が未だに30%以上あることが証拠。ここまですさんだ日本を作り上げたのは選挙に行かない国民の側にも責任はある。今からでも遅くない。どうしたら選挙に行くか考えないと。これ以上「ナチスの様に」にしてはならない。

  2. 令和の時代は平成からの転換を より:

    >人々が「正しさ」を求めることに無力感を感じはじめてしまえば、その場を支配する力は、「正/不正」を問う言葉から、「多勢/無勢」の空気へと移っていかざるを得ない

    全く仰る通りで政治って怖いなと思いました。消費税増税して悪影響が出てるのに
    全く影響を認めようとしない景気が悪い事を認めようとしない政府の姿勢に怖いなと政治で初めて覚えました。コロナウィルスの事もそうですが疫病とか戦争とかでも状況は悪化してるのに問題ないとか国民が苦境に陥っても上手くいってるとかいう政府だったらと考えるとゾッとします。やっぱ嘘を付く政権は許してはいけないと思います。 

    • mi8azaki より:

      消費税ってなんであるのかなあ。勉強した人が言うならそれなりの事由があるのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
誹謗中傷や公序良俗に反する投稿は、編集部の判断で削除させて頂くことがございます。
(ご不明な点は、編集部あてにメールにてお問い合わせください。)
* の項目は必須項目となります。

メルマガ最新記事
最近のアクセスランキング