『表現者criterion』メールマガジン

【藤井聡】週刊ラジオ表現者「藤井聡 あるがまま日本・京都」。是非ご聴取ください。

From 藤井 聡(表現者criterion編集長・京都大学教授) 

「表現者クライテリオン」では、
雑誌や、このメルマガに加えて、
「週刊ラジオ表現者」を毎週、
30分ずつ配信しています。
(月曜日9時半~、KBS京都)

その内容は、オフィシャルHP上でも、
YouTubeとMP4形式で、過去の放送を全て
お聞き頂くことができます。

メルマガや雑誌とは少し違った切り口で、
いろいろなメッセージをお届けしていますので、
今日は最近のラジオでの話題を、
その「一部」だけではありますが、
ご紹介したいと思います。

ご関心をもたれた回だけでも是非、
下記HPより御聴取ください!

・・・・

(1)災害で滅び去る日本

まずは今年は、昨日も含めて、
度重なる地震や台風が訪れ、
数多くの死者をはじめとする大きな被害が
日本中で出てしまいました。

こうした「災害」の被害の拡大の裏には、
政府の「緊縮財政」の姿勢
(=もったいないからオカネをあまり使わないという態度)
があります。
(※『「人の命」より「財政規律」を守るという政治犯罪』

その結果、我が国はもはや・・・

『災害大国ニッポン、今やもう「後進国」』

に、なってしまっているわけです。
そして、最終的に

『巨大地震で、最貧国に転落する日本』

という悪夢が訪れかねない状況になっています。

ホントに我が国は今、ピンクフロイドの
「吹けよ風、呼べよ嵐」
の様な「破滅」を迎えつつあるのです・・・

(2)デフレで滅び去る日本
ちなみに、「緊縮財政」は、
災害を通して「亡国」を導きますが、
「デフレ」を通してもまた、「亡国」を導きます。

まず、我が国では、
「日本の借金は大変だ!」というウソとデマがはびこり、
その結果、緊縮財政が正当化され、
デフレが深刻化しています

(※『「日本の借金」のウソが、日本を滅ぼします。』
 ※『知って下さい、プライマリーバランス亡国論』

その結果、我が国は、

今やもう「衰退途上国」 貧困と格差が蔓延る平成日本

になってしまっているわけです。

つまり我が国はもはや、AC/DCが歌い上げる、

『Highway to Hell(地獄へのハイウェイ)』

をバイクですっ飛ばす命知らずのライダーのように、
早晩「自滅」しかねない状況になっているのです。

(3)「外交・安全保障問題」で滅び去る日本

とはいえ、日本が「自滅」しつつあるのは、
「緊縮財政」や「災害」だけが原因ではありません。

北朝鮮や中国、さらには、アメリカとの
外交、安全保障問題でも、
ますます「自滅」の度合いを深めています。

そもそも、我が国が抱える

・尖閣問題
・慰安婦問題
・北方領土問題
・北朝鮮問題

は、焦って、「今スグ、解決しよう!」とすればするほど、
ドツボにはまる構造にあります。
(※『焦るほど、ますますヤバイ、尖閣・慰安婦・北方領土』

じゃあ、どうすりゃいいのかと言うと、
まずは、日本が、「外国の属国」に過ぎないということを、
過不足無くしっかりと、理解する必要があります。
(※『文学から考えてみよう、「ニッポン属国論」』

そんな「属国状況」は、沖縄の状況を一瞥すれば、
瞬く間に理解することができるでしょう。
(※『「沖縄」からはじまる、日本の復活!』

その上で、「国家としての自立」を果たし、
「自主防衛」を目指さねばなりません。
(※『北の核、防ぐためには何が要る?』

なぜなら「自主防衛」が出来なければ、
北朝鮮問題でも日本はずっと「蚊帳の外」におかれ、
「朝鮮和平」は、かえって日本に「危機」をもたらす他ないのです。

(※「朝鮮和平」が導く、ニッポンの新しい国難

(4)グローバリズムで滅び去る日本

なお、「外国への従属」については、
「軍事」については分かり易いですが、
「経済」についても、残念ながら過激に加速しています。

「グローバリズム」に付き従って、
何もかも改革すれば良いじゃないか、
という勢力が、我が国には強力に存在しています。

彼らの言いなりに国が作り替えられていけば、
私達の所得も試算も全て、
「外国人のグローバル企業」
に吸い上げられてしまうことになります。
(※『世界を滅ぼす、お堅い「エリート」』

だから今、そんな「グローバリズム」に対する、
徹底的な戦いが始められました。

本日(10月1日)の午後9時半から放送の

『グローバリズムへの「防衛戦争」が始まった!』

にて、経済学者の「カールポランニー」による
「大転換」の議論をベースとしながら、お話しました。

そして、そんな「グローバリズムへの防衛戦争」を闘う
世界中の庶民達の「応援歌」として、
ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」
を紹介しました!

その様子は、下記ページにスグに掲載されると思います。
是非、ご聴取ください!
https://the-criterion.jp/category/radio/

追伸1:
週刊ラジオ表現者を、ネットで毎週お聞き頂くためにも是非、
下記「satoshi-fujii.com」を是非、「チャンネル登録」してください!
https://www.youtube.com/channel/UC9GNcWzLq0k7io20AHjN4qQ

追伸2:
過去のラジオのアーカイブは、上記チャンネルか、あるいは、下記HPをご参照ください。
https://the-criterion.jp/category/radio/

執筆者 : 

TAG : 

CATEGORY : 

啓文社書房/株式会社啓文社

本社
〒160-0022 
東京都新宿区新宿1-29-14 
パレドール新宿202
TEL
03-6709-8872
FAX
03-6709-8873